その他の取り組み > 西暦2020年の多摩川を記録する運動 【NEW: 開始間近!】

西暦2020年の多摩川を記録する運動 【NEW: 開始間近!】

  〜 ヒトは多摩川で何をしているか? 〜 

  主 催:西暦2020年の多摩川を記録する運動実行委員会
  事務局:NPO法人多摩川センター

今から20年前の西暦2000年に、その時の多摩川の様子を記録し、後世に遺そうと、いくつかの多摩川調査を行いました。その主な調査に、「人は多摩川で何をしているか?」(多摩川の利用状況調査)がありました。
この調査は10年後の2010年にも行い、2020年はその第3回となり、多摩川の利用動向が10年ごとに比較できる貴重な資料になります。これからの多摩川という自然地のあり方や、利用方法の見直しなどに資するものと考えています。


『記録員』の皆さまへ

  ご応募ありがとうございます!  いよいよ調査の開始です!

  今後の進め方について、ご案内いたします。

(以下と同じ内容を、記録員お申込みの際の「代表者」の方宛てに、別途直接ご連絡しています。)


「西暦2020年の多摩川を記録する運動 〜ヒトは多摩川で何をしているのか?〜」調査にご応募いただき、誠にありがとうございます。


当初は、第1回調査の開始の前に、「全体集会」を開き、内容や方法等をご説明する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全体集会は開催せず、調査内容等の説明資料の送付により、調査を行っていただくことになりました。

調査内容等の資料は、4月中旬には、メール、郵便等にてお手元に届くようにお送りする予定です。(郵送をご希望の場合は、代表者の方の連絡先ご住所を事務局までお知らせくださいますようお願いいたします。)


調査方法、内容等は、難しいものではありませんので、ご了解くださいますようお願いいたします。

資料の内容をご確認いただき、調査に関して何かご不安、ご不明な点等ございましたら、小さなことでも、お気軽に、事務局(NPO法人多摩川センター)まで、お問合せ、ご相談ください。


第1回調査(春季調査)は、「4月19日(日)」に、予定どおり、実施いたします。
(少雨の場合は決行しますが、荒天等で中止等とする場合は、前日までに、事務局より代表者の方にご連絡いたします。)


皆さまと作り上げていく調査のスタートです!

引き続き、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


『記録員』は募集継続中です!

  ご一緒に記録を取っていただける皆さまのご参加をお待ちしています。

  お気軽に事務局までお問合せください。

多摩川と人々との関わり合い方の実態を知り、多摩川の環境回復や利用のあり方を考える基礎情報とするとともに、経年的な変化を知る手立てをすることを目的に行っている本調査では、行政や学識者も行わない多摩川の現状の記録を、流域住民や市民ボランティアで行うことは、多摩川市民の伝統である市民科学そのものです。
この主旨をご理解いただき、さまざまな世代、所属を問わず、多くの皆さまのご参加をお待ちしています!!


[*調査の詳細については、過去の報告書 (「西暦2010年の多摩川を記録する運動」活動報告書)の内容も、ご参照ください。]

『記録員』申込方法について
  • ♦ お申込みにあたっては、以下の活動内容等をよくご確認ください。(<別紙チラシ>もご用意しています。ご参照ください。)
  • ♦ 記録員として参加される方の氏名、連絡先等を申込書に記入の上、事務局(NPO法人多摩川センター)までメール、ファクシミリ等でお申込みください。
       ⇒(こちらの『記録員申込書』(word版)をご利用ください。)
  • ♦ 原則、全4回の調査への参加を条件とします。
  • ♦ 記録員として参加される方は、周辺の方々に呼び掛けていただき、できるだけ多くの方々の参加をお誘いください。
  • ♦ 年齢的には小学生から、80歳くらいを目安としてください。
  • ♦ 調査への参加については、レクリエーション保険に加入します。また、学童や学生の記録員には、交通費の補助を検討しています。
  • ※調査内容の詳細は、第1回全体集会(2020年3月予定)でお知らせします。
    ※個別のお問い合わせは、随時、事務局(NPO法人多摩川センター)で受け付けています。
    ※お申込みをいただいた方には、追って郵送等で詳細をお知らせします。
1. 活動の概要
  • ・あらかじめ定めた同一日時(2020年度内の年4回)に、多摩川本川の左・右岸で、河川区域内の利用内容やおおよその人数をカウント、調査票に記録する市民による調査です。
  • ・記録員(「記録員」として登録された方)は、堤防上のキロ杭(多摩川左・右岸の堤防に設置された多摩川河口からの距離を示す標識:写真)を目印に、グループ(2~3人)で指定された2~3㎞の範囲を歩きながら、調査します。
  • ・集められた調査データは、事務局で集計し、報告書にまとめ、記録員や自治体等の関係者に配布します。
2. 実施日程

 (調査は、2020年4月から2021年1月の間で、下記の4回実施します。
    事前及び事後に、全体集会(事後報告会含む)を2回予定しています。)

  •  第1回全体集会: 2020年3月中旬(予定)  ←開催いたしません.
       * 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前の全体集会は開催せず、
         調査内容等の説明資料の送付により、調査を行っていただくことになりました。(上記参照)
  •  春季調査: 2020年 4月19日(日) 10:00~12:00頃 ※小雨の場合、決行します。
  •  夏季調査: 2020年 7月19日(日) 10:00~12:00頃 ※小雨の場合、決行します。
  •  秋季調査: 2020年10月18日(日) 10:00~12:00頃 ※小雨の場合、決行します。
  •  冬季調査: 2021年 1月17日(日) 10:00~12:00頃 ※小雨の場合、決行します。
  •  第2回全体集会(報告会): 2021年4月中旬(予定)
3. 調査範囲

 <多摩川本川0㎞~54㎞(羽村市付近)の左・右岸>

上記区間を左・右岸を、それぞれ20数区域(1調査区域2~3㎞)の調査区域に分け、記録員は、住まいなどからなるべく近い 1調査区域を1グループ2~3名で担当し、毎回同じ区域を調査します。

4. 調査方法
  • ① 調査当日、記録員は指定された調査区域の下流側のキロ杭に集合し、デジタルカメラで360度のパノラマ写真及びキロ杭を入れた記録員の記念写真を撮ります。
  • ② その後5分間、キロ杭のそばで、上、下流方向に走る自転車の台数を記録します。これは担当する区間のキロ杭に到着したごとに行います。
  • ③ 堤防上を上流に向かって歩きながら、堤防や河川区域内で遊んでいる人、スポーツをする人など、利用内容と大まかな人数を調査票に記録します。
  • ④ 毎回の調査終了後、調査票は、事務局に郵送等で送付していただきます。