川仲間になろう! 川の日ワークショップ関東大会

『川の日ワークショップ関東大会』とは

本ワークショップは、全国の『いい川・いい川づくりワークショップ』とも連携し、川や水辺の活動に取り組む多様な世代、多様な立場のひとびとの情報共有と、流域や地域を越えた交流、とくに、大学生や高校生、中学生など、若い世代の活動を発表、応援する場として開催します。
川や流域だけでなく、源流域、海、用水、池沼、干潟、里山、田んぼ、水循環など、多様な水辺、テーマの取り組みを募集します。
日頃の活動を発表したい、”いい川”づくりの知恵や力を共有したい、若い世代の取り組みを応援したい、仲間をつくりたい、みんなでつくる大会です。

〜 皆さまのご参加をお待ちしています!! 〜

(参考) 全国の『いい川・いい川づくりワークショップ』とは?  :

日本の各地に”いい川”づくりを促進することを目的に、1998年から『「川の日」ワークショップ』(2008年より、『いい川・いい川づくりワークショップ』)が開催されてきました。
これまでに通算21回の開催(2018年12月時点)を数えるこのワークショップは、市民・住民団体、国や自治体の河川管理者、学識経験者、コンサルタント等を実行委員として組織し、全国の川仲間に呼びかけ、各地の、”いい川”、”いい川づくり”の事例を持ち寄り、報告、議論し、共有しようというものです。
2000年頃より国内の各地域でも独自に地域のワークショップが開催されるようになり、2001年からは韓国の川や水辺のNGOとの交流も始まりました。こうしたワークショップが、さまざまな交流、ネットワークにつながっています。
(『川の日ワークショップ関東大会』は、これら地域ワークショップの一つとして、2005年に始まりました。)

『川の日ワークショップ関東大会』の主な内容
・全体発表会 ⇐ エントリー団体による自由な発表(1件につき5分間)と質疑
・(テーマ別)討論会 ⇐ 発表内容のテーマごとなど、議論を深めます。
・”いい川”づくりに関する情報共有 ⇐ ”いい川”づくりに向けた最新の情報を共有します。
・講評・表彰 ⇐ ワークショップの成果を全員で振り返ります。
・ポスターセッション ⇐ 活動等について参加者同士で直接アピールします。
『川の日ワークショップ関東大会』の開催報告・開催実績
最新大会の開催報告

『第15回 川の日ワークショップ関東大会』

【 開催の延期を決定しました 】

新型コロナウイルス感染症が拡大している現在の状況を受け、たいへん残念ですが、
当初予定をしていました「3月7日(土曜日)」の開催は見送り、『延期』とすることを、決定しました。
(エントリー団体、関係者の皆さまには、事務局より個別に直接ご連絡しております。)

今後については、新年度以降になるかと思われますが、延期の日程等が決まり次第、再度ご案内いたしますので、その際は、是非ご参加お待ちしております。


 開催日: 2020年3月7日 (土) ・・・延期となりました.


14th会場の様子

これまでの開催実績

 (直近の第10回大会以降を掲載しています)